So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今治の春の大祭「継獅子」 [今治・東予]

どうも!Mitchです。
6月に入りました。四国は梅雨入りしたようですが、
まだ晴れの日が多いです。[晴れ][晴れ][雨]
しっかり雨に降ってもらって、昨年のような水不足にならないことを願います。


さて、今日は地元・今治の春祭りについて。

毎年5月に今治市内の各地で行われる
春の大祭という伝統的なお祭りがあります!!!
「継獅子の立ち芸」という獅子舞の奉納が行われ、観光客も多く訪れる見物となっています。

伝統芸能である「継獅子(つぎじし)」とは、人の上に人が乗り、三継ぎは3段、四継ぎは4段、と
だんだんと積み重なっていきます。
三継2.jpg
通常、一番上にはその地域の小学一年生の男の子が務める子役で、
彼らが演舞する高さは4~5m以上になるので、きっと想像を超える恐怖ですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

数ヶ月前から練習して臨む本番は多くの観客に見守られて・・・

本番は、船の上でも。
船上継獅子.jpg

さらに不安定です。

今年は天気は良かったものの、風が強く、煽られていたので
見ているほうはヒヤヒヤ。
一つ一つの演舞が決まると大拍手が送られます。

これは昨年の写真ですが、四継の様子です。
子役(実は甥です)は三段目の人の頭上に立っています[目]
四継2.jpg

獅子連とは各地区毎あり、祭りに向けてそれぞれ活動している団体です。

私の家族は祖父から始まり、父、兄、甥と4代続いてこの地区の獅子連に所属しています。

小さい頃は当たり前に参加していた事でしたが、
大人になると、なんて特別なイベントなんだーとより一層に感動[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]


海の安全、五穀豊穣、無病息災を願って・・・
この先もずーっと続いてほしい伝統的な今治のお祭りの紹介でした。

Mitch

nice!(72)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ