So-net無料ブログ作成
検索選択

キャンタの溶接研修 [造船業]

こんにちは。新入部員のキャンタです。

今治造船に入社して早5か月が経ち、
長い新人研修も残すところあと1か月となりました。
残り少ない現場研修の時間を無駄なく過ごし、
10月の配属までしっかり準備していきたいと思います。

さて、船は各鋼材が組み合わさって造られていくわけですが、
その時鋼材を組み合わせるために溶接をしています。
簡単に説明すると溶接は部材を熱や圧力によって、
溶かすことで2つ以上の部材を一体化させることです。
もちろん造船所で働くには溶接ができた方がいいです。
そこで現場研修の一環として、溶接の研修を行いました。

溶接研修中.jpg

もちろんぼくは、今回人生で初めて溶接をしました!
前のブログでも書いたように、かなりの高温がかかっているため非常に暑く
、作業着がビショビショになるくらい汗があふれてきます。
またかなりの光が発生するため、専用の面をしないと目に悪い影響が出てしまい、
粉塵も出るため、専用のマスクをします。
専用のマスクとは・・・そう、先輩方が以前日食を見る時に使用していた、アレです。

なのでこんな重装備になってしまいます(笑)
普段火花がガンガン出る場所にいることがないので、
最初はとてもビビっていましたが、慣れると気にせず溶接することができ、
火花が散って熱くても我慢して作業を続けられます。

安全チームのオカベン先輩には怒られそうですが、
慣れって怖いですけど、すごいですね(笑)

溶接研修中2.jpg

簡単な溶接でもうまくできるとちょっとした達成感が生まれ、
向上心を持って研修ができました。
手元を安定させて綺麗に溶接するのはとても難しく、
常に集中をして行わないと、少しの油断で取り返しのつかないミスになってしまします。
現場で溶接をするためにはもっと練習が必要だと感じ、
現場で溶接をする職人の技術がすごいことがよくわかりました。

今シーズンも終盤に向かっていくわけですが、
溶接をする時のように日頃の練習からしっかりといつも以上に集中して取り組み、
良い結果を残そうと思う今日この頃でした。

By キャンタ


オカベン「熱中アラームを持って現場パトロール」へ行く [造船業]

こんにちは!オカベンです。

今日は、オカベンの仕事紹介の第8弾です。
久しぶりのお仕事紹介!![手(グー)][ぴかぴか(新しい)]
最近は、様々なイベントがありそちらの
紹介の記事が多かったですね(*^_^*)
皆様もお祭りや旅行など行かれたでしょうか?

今回は、熱中症対策について紹介します。
私が配属されている安全管理チームでは、
熱中症予防や、発症した作業員の対応もすることがあります。

熱中症予防では、軽度の場合すぐに経口補水液を飲めるように
準備したり、塩飴を補充したりしています。
経口補水液.jpg

また、今年からは、熱中アラームというものを
導入し熱中症予防をしています。

熱中アラーム2.jpg

この機械では、黒球によって
・WBGT(…暑さの厳しさの程度を示す指数で、
       熱中症予防の指数として用いられています。)
・気温
・湿度
・4段階の危険度レベルが表示されます。
熱中アラーム.jpg

作業現場で、溶接をすると溶接の熱で
鉄板がが熱くなり、作業者はとても暑く感じ
厳重に警戒しなければなりません。

その日の気温以上の危険に気付くために
この熱中アラームで危険を予知し
塩飴を食べたり、スポーツドリンクを
飲んだりという予防が必要となります。[ひらめき]

皆さんも、熱中症には気を付けて
お過ごしください!!


byオカベン


高所作業車技能講習にGO! [造船業]

こんにちは。新入部員のキャンタです。

いよいよ夏本番という時期に入ってきましたが、ぼくは溶接の現場研修をしています。
先週学んだのですが、太陽の表面温度が約6000℃に対して、
溶接は約1万℃の熱が出ているため非常に暑いです(笑)
安全に気をつけて作業したいですね!


さておき、今回は高所作業車技能講習についての話です。
造船所では約20~30メートルの高さの船を建造するため高所の作業が必須になってきます。
そのため、高所作業車の使用資格をとるために講習に行ってきました!
高所作業車_越智寛太.jpg
 
一言で高所作業車といっても、トラック搭載型やクローラ式、
タイヤ式高所作業車といった種類の様々がありますが、
講習ではトラック搭載型のもので行いました。
よく電線工事で使っているのがこれですね。

ぼくは高い場所は比較的苦手な方ですが、
作業車の丈夫さに安心して集中して実習を行うことができました!
 
講習中_新入社員.jpg
レバーを引くごとに作業床(作業員が入るスペース)が上がったり、
スライドしたり、伸縮するので新鮮な気持ちで楽しく取り組めました!

最後の試験も...なんなく合格しました(笑)
これで運転ができるようになると思うと一人前のドックマンに
少しでも近づいた気分になります。あくまで気分ですけどね(笑)

しかし、時には10メートル以上の作業をすることもあり、
決められた手順や方法を守らないと大きな事故になりかねないため、
細心の注意を払うことが大事だと感じました。
 
波方港.jpg
(講習終わりに見えた波方港からの海です)
3回目のブログ更新となりましたが、前回と違い
今回は同期のH君の協力もあり、写真を載せることができました。

この調子で次回のブログも皆さんに楽しんで読んでもらえたら良いなと思う今日この頃でした。

By キャンタ



船のおべんきょう [造船業]

どうも、Mitchです。

やっと梅雨が明けましたねー!
愛媛は今年たくさん雨が降りましたが、みなさんの所ではいかがでしたか?
暑い夏場に水不足にならないと良いのですが(/_;)
玉川ダムは清々しい夏の表情を見せてくれていますよ。
この大自然にとっても癒されます^^
玉川ダム.jpg


さて、今日は船のお話です。
オカベンのお仕事シリーズは定番となっていますね!!
私の仕事は事務作業ですので現場に出る事はほとんどないので
造船について、実際はまだまだ知らないことだらけです。
今日は船について入門レベルの紹介をしたいと思います!

みなさんご存知の通り、今治は造船業が盛んで、
瀬戸内海は毎日多くの船が行き交っています。

カーフェリー、貨物船、自動車運搬船、コンテナ船、タンカー、などなど
私もやっと見分けれるようになってきました。

さらには、ファンネルマークは多種多様で
色んなデザインがあり注目してみると案外面白いんです!![ぴかぴか(新しい)]
(「ファンネル」とは耳慣れない方もいらっしゃると思いますが、船の煙突のこと。)

ご存知の方も多いとは思いますが、
ファンネルマークは船会社の看板のようなものです。
それぞれの船会社は、会社の特徴をイメージした色や模様を
ファンネルにデザインしています。
(※下記写真ではファンネルマークを消していますが[あせあせ(飛び散る汗)])

行き交う船.JPG
行き交う船を見て、船の種類や船会社が識別できると
ちょっと嬉しい気分になります。

みなさんも近くで船を見かけることがあったら、
ファンネルマークや船の種類にぜひ注目してみてください★


Mitch


オカベン「今治工場周辺道路清掃」へ行く [造船業]

こんにちは!オカベンです。

今日は、オカベンの仕事紹介の第7弾です。
ブログファンの方々と直接自分の仕事のお話ししたり
ブログファンの方々の仕事のお話を伺うのを楽しく感じています!!

さて、僕が昨年の10月に配属されたのは「安全施設管理チーム」。
工場内の安全と、施設の管理を行う部署です。

今回は、その「施設管理」「地域貢献」の一環で定期的に
行っている今治工場周辺道路清掃活動の紹介です。

今治造船周辺清掃.JPG

今治造船今治工場のある地域は明治の頃の昔から
造船所と住宅が一体となって来た地域で
現在でも、地域住民の方々のご理解、ご協力があって
今治工場で船造りができています。

そこで地域貢献活動のひとつとしても行っているのが
この清掃活動です。

周辺清掃_企業.JPG

たくさんのゴミが落ちているわけではありませんが、
清掃活動をして見るとタバコの吸殻や
どこかしらから飛んできた様な小さなゴミが意外に見つかるもの。

ゴミを捨てさせないことが一番ですが綺麗な状態を保つことは
新たにゴミを増やさない為にも大事な事だと思います。

また、今治造船はISO14001を認証取得していることもあり
この清掃活動は、更に「環境活動」としても意義のあることなのです。

※ISO14001とは国際標準化機構が発行した
環境マネジメントシステムに関する国際規格群の総称


ものづくりにおいて、これまでは最終段階での環境保全対策が主流でしたが
最近は、原材料の仕入れから、不用物の廃棄・再利用など
全ての過程を視野に入れ削減することが求められます。

上記のことを現状把握し、今後の取組みの計画、実施を僕の先輩達が
難しそうな形式の一覧表にまとめているのを見たことがあります。

いつかこのような難しい仕事も
任されてみたいな!・・と、感じたオカベンでした。

by オカベン


オカベン「研削砥石特別教育」の講師をする。 [造船業]

こんにちは!オカベンです。

今日は、オカベンの造船所仕事紹介の第6弾です。
目標の第10弾まで着実に近付いています!!

第1弾 
http://imazo-rowingteam.blog.so-net.ne.jp/2015-12-21

第2弾
http://imazo-rowingteam.blog.so-net.ne.jp/2016-01-08

第3弾
http://imazo-rowingteam.blog.so-net.ne.jp/2016-01-25

第4弾
http://imazo-rowingteam.blog.so-net.ne.jp/2016-03-29

第5弾
http://imazo-rowingteam.blog.so-net.ne.jp/2016-04-06

さて、僕が昨年の10月に配属されたのは、「安全施設管理チーム」。
工場内の安全と、施設の管理を行う部署です。

この日の僕の仕事は、研削といしの特別教育の講師。
研削といし?特別教育?となられた方は、
こちらの記事を参照してください(*^_^*)

今回は、60名ほどの方に向けて
研削といし取替え作業を安全に行って頂く為に講習を行いました。

事前に用意したパワーポイントや
教科書などを使って説明にあたりました。

講師オカベン.JPG

前半、緊張の汗がとまりませんでした。汗
原稿ばかりに目がいき、受講者の反応を
感じる余裕がありませんでした。(T_T)

研削砥石講習.JPG

しかし、次第に緊張が解け
余裕を持って講習を行うことができました。

ちょっと説明が足りないところを係長から指摘されたり
眠たそうにされている受講者がいたり、、、。

講師というのは、甘いものではない。
と、強く感じました。

受講者が興味を持って安全に作業して頂くために
少しずつ理解を深め成長していきたいと思いました。

byオカベン


往くシール・貼るシール [造船業]

こんにちは!オカベンです。

4月1日を迎え、新年度を迎えました。

新入部員も入り、一層賑やかな今治造船ボート部になっています!!

今年度で僕は、入社2年目となります。
新入社員気分のままでいるのではなく、
しっかりと仕事をこなしていかなければならないと感じています。

さて、仕事紹介第3弾の際にブログでお伝えしました
ヘルメットのシール…。

「増えるのが楽しみ、たくさん資格を取ります」
宣言していましたが…。

シールが減る時もあるんです…。

それは、「若葉マーク」。

準備よし!.JPG

この若葉マークは、入社から1年間は貼っていなければならない、
新入社員であることを伝える大事な役割を果たしています。[ひらめき]

また、ヘルメットには、
傷がついていたり、汚れがついていたり仕事を通して、
どうしても少しずつ汚れてきています。

DSC_0089~01.jpg

DSC_0090~01.jpg

僕個人的には、多少汚れているくらいのほうが
かっこいい…[ぴかぴか(新しい)]なんて、考えています(笑)

入社2年目、若葉マークがを外れたヘルメットを被り
仕事もボートも全力で頑張ります!![わーい(嬉しい顔)]

by オカベン


オカベン「避難訓練」へ行く [造船業]

こんにちは!オカベンです。

今日は、オカベンの仕事紹介の第5弾です。
フォークリフトから始まり、消火訓練
高所作業車出張と様々な仕事をシリーズで紹介しています!!

目指せ第10弾!!で、頑張って行きたいと思います。

さて、僕が昨年の10月に配属されたのは「安全施設管理チーム」。
主な仕事は工場内の安全と、施設の管理を行う部署です。

この日の仕事は、安全施設管理チームが主催する
「避難訓練・搬送訓練」の実施における事前準備と
当日の訓練の様子の記録写真を撮ること
また、担架の使い方の実演でした。

今年の3月11日で東日本大震災から5年という月日が流れ
あのテレビで見た津波の映像は、とても鮮明に記憶に残っています。
このような想定外のことが現実に起こった後、
様々な場所で行われる避難訓練が、以前より重要視されているように感じます。

また、今回は搬送訓練も同日に行いました。
避難訓練_搬送訓練.jpg

普段、工場内に設置されている担架に使用方法を実演しました。

担架実演.jpg

緊張して少してこずってしまいましたが
実際、使用する際はもっと緊迫した状況かもしれないと
考えた時、訓練って大切だなと強く感じました。

また、近くに担架がない場合、
パイプと作業服でつくる応急担架の作り方なども説明されました。
作業服で担架作り.jpg

万が一の緊急事態でも落ち着いて作業に
あたりたいと思うオカベンでした。

byオカベン


オカベン「初めての県外出張」へ行く。 [造船業]

こんにちは!オカベンです。
日が長くなり、冬が終わりに
向かっているように感じますね。

しかし、まだまだ寒いので
体調を崩さないように気を付けてください。

さて、今回は記事タイトルの通り、
初めての県外出張に行ってきました。

普段、ボートの大会に出場するために
県外へ遠征するのも出張と言えば出張なのですが…

今回は、ボート部のオカベンとしてではなく
安全施設管理チームの岡部」として県外出張に行ってきました。

行き先は「大阪府安全衛生教育センター」というところ。

研削といし取替え等特別教育インストラクターコースを
受講してきました。

「研削といし取替え等特別教育インストラクターコース」
・・初めて聞いた方は、よくわからないと思いますので
説明をします!!。

「研削といし」とは、アルミナや酸化クロムなどを含む
固い大量の粒が固まった丸い石のようなもので
この研削といしを専用の機械にセットして
研削といしが回転することで、鉄板についた傷を
削って取ることができます。

研削といし②.JPG

研削といし①.JPG


この研削といしを専用の機械に取り付ける時や、
作業前、または、取り付け後には試運転をしなければなりません。

そしてこれらの作業を行うには資格が必要になります。

その資格を取得するためには、
6時間の講習を受けなければなりません。

その講習のインストラクター(講師)になるために
2泊3日で「研削といし取替え等特別教育インストラクターコース」を
受講してきました。

インストラクターとしての心得や、
研削といしの基礎知識など3日間学習しました。

現在は、講習をするための資料を作成しています。

出張から戻り、今は初めての資料作成で
どのようにすれば受講者が理解しやすいか、
どのようにすれば興味を持ってもらえるだろうか。
と、考えながら資料を作っています。

実際、講習するのが少し楽しみです!!

また、講習している様子もご紹介出来たらと考えています。

byオカベン


オカベン「高所作業車運転技能講習」へ行く。 [造船業]

こんにちは!オカベンです。
オフシーズンもあと2か月とちょっと。
気合い十分で練習に取り組んでいます!!

今日は、オカベンの仕事紹介の第3弾です。

さて、僕が昨年の10月に配属されたのは「安全施設管理チーム」。
工場内の安全と、施設の管理を行う部署です。

その仕事の中で先日、高所作業車運転技能講習に行ってきました。

高所作業車.jpg

高所作業車とは、高所における工事、点検、補修等の
作業に使用される機械です。

作業床に人が乗り、様々な場所に移動が可能で
ブームを旋回、起伏、伸縮することで
高い位置でも細かな調整が可能で
造船所では必要不可欠な乗り物です。

まずは、学科を二日間受けます。
法令を学んだり、力学を学んだり・・。

力学については中学校に理科の授業が懐かしく感じた内容でした。

実技では、実際に高所作業車に乗って操作をします。
作業開始の合図を行ったり、移動する方向への
安全確認は、逐一行っていきます。

これを行わないと試験では減点になってしまいます。
試験だから、ではなく実際に作業の際でも
安全確認を確実に行い安全作業していこうと感じました。

学科試験、実技試験、共に合格すると
修了証が発行され、現場での作業が可能になります。

作業者の資格が作業してても
一目で資格保有状況が分かるように
ヘルメットに資格シールを貼ります。

資格シールとヘルメット.jpg

これを貼るのが、小さな楽しみなのです!![ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

この資格シールが多ければ多いほど
カッコイイドックマンな気がするんです!!

これからもたくさん資格を取って
幅広く、且つ安全に作業できるように
なろうと思ったオカベンでした。


byオカベン