So-net無料ブログ作成
検索選択

【祝!1000記事目】我が家の節分行事 [今治・東予]

こんにちは、イデケンです。
書きながら気がついたのですが、
何とこの記事でボート部ブログ1000記事目となりました[ぴかぴか(新しい)]
いつもご覧いただいている皆様のおかげで1000記事目を迎えることができました!
部員一同、ブログをご覧の皆様に造船の事、ボート競技の事、今治の事を
面白くわかりやすく紹介していければと思いますので、今後ともよろしくお願いします!

さて、2017年も、残すところあと331日となりました。
私たち今治造船ボート部は、相変わらずオフシーズンの練習に取り組んでいます。
この期間にしっかりと体力強化に励みたいと思います。

「福は~内! 福は~内! 鬼は~外!」
今日、2月3日は節分です。
節分は立春の前日、暦の上では春を迎える節目の日です。
我が家の節分は、豆まきをしていろいろな邪気を追い払い、
健康への願いを込めて、節分豆や恵方巻を食べています。
今日は少しその紹介を!

節分の時期になると、スーパーで「鬼食いと豆しば」のセットを購入。
鬼食いは春になれば見かける「たらの芽」の木。幹にはトゲがあります。
7~8cm位の鬼食いを豆しばの葉の枚数くらいになるように小刀で縦に割きます。
その後、それぞれに豆しばを巻いて、紐で結びます。

①.jpg

升に「鬼食いと豆しばのセット」と「いわし」を入れて床の間にお供えをしてから、
玄関や車庫の出入口、神棚などに2組ずつ置きます。
これは、鬼が入ってこないようにとのおまじないです。

②.jpg

節分豆は節分の前日までに升に入れて、神棚にお供えします。
この時期になるとスーパーなどで福豆が販売されていますが、
我が家では今でも自家製の節分豆(炒り大豆)を用意。

③.jpg

焙烙(ほうろく)と呼ばれる平たい素焼きの土鍋の一種で炒ります。
固い大豆をそのまま炒りますが、とても香りがよく、美味しい節分豆の出来上がり!

④.jpg

夜になると、父が最初に、座敷で豆まきをしてから各部屋を回り、
玄関、庭、車庫へと順番に掛け声とともに行い、邪気を払います。

今年の恵方は北北西。
恵方を向いて、節分豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べることで
厄除けを行います。

⑤.jpg

ちなみに、「厄年」に当たっている時は、夜中の12時までに
半紙などにその年にいただいた豆の数と同じ個数と、1円玉1個を包んで、
近くの十字路まで行って「厄落とし」をします。

最後に、恵方巻を恵方に向かって、願い事をしながら無言で一本丸かぶり!
途中で口から離してしまったり、喋ってしまうと
福が逃げてしまうと言われるので大変です。

このようにして我が家では『一年の無病息災』を願います。
皆さんはどのようにされていますか?

by イデケン