So-net無料ブログ作成
検索選択

キャンタの溶接研修 [造船業]

こんにちは。新入部員のキャンタです。

今治造船に入社して早5か月が経ち、
長い新人研修も残すところあと1か月となりました。
残り少ない現場研修の時間を無駄なく過ごし、
10月の配属までしっかり準備していきたいと思います。

さて、船は各鋼材が組み合わさって造られていくわけですが、
その時鋼材を組み合わせるために溶接をしています。
簡単に説明すると溶接は部材を熱や圧力によって、
溶かすことで2つ以上の部材を一体化させることです。
もちろん造船所で働くには溶接ができた方がいいです。
そこで現場研修の一環として、溶接の研修を行いました。

溶接研修中.jpg

もちろんぼくは、今回人生で初めて溶接をしました!
前のブログでも書いたように、かなりの高温がかかっているため非常に暑く
、作業着がビショビショになるくらい汗があふれてきます。
またかなりの光が発生するため、専用の面をしないと目に悪い影響が出てしまい、
粉塵も出るため、専用のマスクをします。
専用のマスクとは・・・そう、先輩方が以前日食を見る時に使用していた、アレです。

なのでこんな重装備になってしまいます(笑)
普段火花がガンガン出る場所にいることがないので、
最初はとてもビビっていましたが、慣れると気にせず溶接することができ、
火花が散って熱くても我慢して作業を続けられます。

安全チームのオカベン先輩には怒られそうですが、
慣れって怖いですけど、すごいですね(笑)

溶接研修中2.jpg

簡単な溶接でもうまくできるとちょっとした達成感が生まれ、
向上心を持って研修ができました。
手元を安定させて綺麗に溶接するのはとても難しく、
常に集中をして行わないと、少しの油断で取り返しのつかないミスになってしまします。
現場で溶接をするためにはもっと練習が必要だと感じ、
現場で溶接をする職人の技術がすごいことがよくわかりました。

今シーズンも終盤に向かっていくわけですが、
溶接をする時のように日頃の練習からしっかりといつも以上に集中して取り組み、
良い結果を残そうと思う今日この頃でした。

By キャンタ


nice!(94)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 94

コメント 9

green_blue_sky

溶接は難しいですから、しっかり技術技能を学んでください。
うちの亡き父は溶接をしていたので(^_^;)
下手に慣れてけがをしないように気をつけてください。
by green_blue_sky (2016-09-04 17:07) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

溶接は、アーク溶接??
すごぉ~い大昔(50年前ぐらい)に工業高校で実習でやったことがあります。
ペタッ!!と、アーク棒と板金がくっついちゃったのを憶えています。
それ以来・・1回もやったことないなぁ~!!
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-09-04 20:49) 

himanaoyaji

溶接の技量で強度が決まるでしようから、かなりの熟練が必要でしようね、 q(^_^)p
by himanaoyaji (2016-09-05 04:40) 

hatumi30331

頑張って経験を積みましょう〜
うちのパパリンも資格持ってます。^^
by hatumi30331 (2016-09-05 07:58) 

くまら

就職したばかりの頃
溶接の光を直に見過ぎて
目が焼けた事あります~
by くまら (2016-09-05 10:44) 

yakko

お早うございます。
慎重に気を付けて 頑張って下さい(_ _)
by yakko (2016-09-05 11:17) 

馬爺

電機溶接は特に鉄板等が解けて穴が開いたりしますからね、もし現場でこのような事があると大事な船に穴あける事に成りますからね、実技を磨いて安心できる技術者になってください。
by 馬爺 (2016-09-05 14:37) 

トモミ

人生初溶接!!
もちろん、一度もしたことのない人の方が圧倒的に多いと思います(笑)。
何事も経験、日々是精進で益々の御活躍を!
by トモミ (2016-09-06 07:43) 

あとりえSAKANA

仕事柄 一応ガス溶接免許は持っています。
最終テストで体験したテストの切断実習で
たった5センチ切るだけなのに怖かった
ことを思い出しました(^^;)
何でも少しずつの技術の積み重ねですものねえー。
お仕事頑張ってください☆


by あとりえSAKANA (2016-09-13 21:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。