So-net無料ブログ作成
検索選択

新開発「浅喫水80,000M.T.D/W ばら積み運搬船」 [造船業]

みなさんこんばんは。キャプです。
ここ最近、造船所のいたるところで
「風向きが変わる!円が
80円に乗る!!」という話題を耳にします。
一部では円高は
214日をピークに、円安に転じるので、
そこから日本はデフレ脱却できる!などという話も。

そんな中、当社にもう一つ新しい風が吹いてきましたので、
ブログをご覧の皆様にご報告。今日は造船業のお話です。
 

※以下、今治造船ホームページより抜粋。

今治造船株式会社は、100年を超える歴史の中で
数多くの用途・サイズに対応した船型の開発を手掛け、
2,000隻に近い船舶を建造し、お客様のニーズに応えてきました。 


船舶に求められる性能は常に社会情勢に左右され、設計の改善、
新技術の導入を行ってきましたが、昨今では特に歴史的な燃料油価格の高騰を背景に、
燃費性能の向上、省エネによる環境負荷の低減が求められています。 


そのような情勢を踏まえ、今治造船は、幅広船型でありながら
燃費性能の大幅な向上を図った浅喫水汎用バルカーを開発し、
今月、友好船主殿向けに2隻の契約を行いました。 


2年程前に、友好船主殿から、「近年の大型パナマックスバルカーは
載貨重量を大きくした為にどうしても喫水が深くなっているが、
 喫水制限が
14m以下であることを踏まえ、浅喫水で載貨重量8万トンを積載出来、
且つ、低燃費の船型を開発して欲しい」との要望を受け、
その後、荷主殿、国内外オペレーター殿等のご意見を取り入れ、
検討を重ねた結果、全長229メートル、船幅を35メートルとして、
約13.9メートル(45.6フィート)の喫水にて載貨重量8万トンを
確保することが可能な幅広浅喫水省エネ船型を開発しました。 

船幅を広げたことにより船倉容積が増大、
従来のパナマックスバルカーと比べて、穀物等比重の軽い
貨物を浅喫水で大量に積むことが出来、より多くの港へ
より多くの貨物を運ぶことが可能となり、
更にハッチ開口幅を広げたことで荷役効率も高めています。 

20120223_01.jpg
また本船は、満載喫水にて貨重量8万4千トンまで積むことが出来、
穀物等の軽貨物から石炭の積載、更には鉄鉱石の隔倉積みまで
多彩な貨物、積み付け等、柔軟に対応出来る高い汎用性を備えた船型となっています。 

船型の大型化や載貨重量の増加にも関わらず、
今治造船独自開発の「HYBRID FIN」を装備することによる
推進効率向上に加えて、各種省エネ技術の採用により、
航海速力14.5ノットで1日当たりの燃料消費量が約28トンという
優れた燃費性能を実現しました。 

CO2排出量に換算すると、従来のパナマックスバルカーと比して
年間約1,800トン削減(約7%の削減率)に相当し、
更にEEDIではリファレンスラインを約25%下回り、
2020年以降の竣工船に適用予定となるPhase 2の
規制値を満足する環境性能の高い船型となっております。 

第1船の竣工は2014年秋頃を予定しており、
同年の新パナマ運河完工後は通航も可能となり、
運航面においてもより汎用性が高まります。 

今治造船では、ポスト・パナマックス船型として、
95型「”IS” NEXTER」、88型石炭専用船を
既に商品化しておりますが、今回の浅喫水80型の開発により、
これまで以上にお客様の用途・ニーズに
柔軟に対応出来る商品ラインナップが実現しました。


この話題は223日付の日経産業新聞にも記事掲載されております。
当社、建造船のライナップや、ニュース情報は改めて、
以下アドレスから見ることができます。
興味のある方は、ぜひ当社ホームページもご覧下さい。
http://www.imazo.co.jp/html/comp/news/120223.html

ということで、今回のブログ更新では、当社の新型船紹介でした。

春はもう間近です。
 
by  キャプ

nice!(286)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 286

コメント 19

斗夢

このようなニュースは嬉しいです。
日本はだめになるというニュースばかりが目につきますが、そんなことはありませんね、皆さんは努力されています。
by 斗夢 (2012-02-25 04:57) 

takechan

今、海運や造船業界は、行き過ぎた円高と、欧州を
発信源とする景気低迷で、非常に厳しい環境下にありますが、
円安トレンドの定着により、「元気」を取り戻して欲しいですね。
by takechan (2012-02-25 07:39) 

PopLife

CO2削減量も従来に比べて10%を残念ながら切っています。ですが、
その量と言ったら信じられない量で驚きです。これからも益益
技術革新の礎となって下さい。がんばれ!
by PopLife (2012-02-25 10:50) 

駅員3

素晴らしい技術革新ですね!
こんな素晴らしい船が沢山航行し始めたら、世界はもっと狭くなりますね[船][るんるん]
by 駅員3 (2012-02-25 13:51) 

アリスとテレス

高い省エネ性能はアドバンテージになりますね^^
by アリスとテレス (2012-02-25 17:52) 

MADONNA

美しいですね。日本は外国に対しての広報が とても下手だと言われています。そして逆に、外国に認められて評価されているのに 国内での広報が下手で 国民が知らなかったという事も多くあります。

たくさんの人に 日本の良い物をもっと知って頂きたいですね♪


by MADONNA (2012-02-25 22:47) 

manamana

大きな船ですね。
物作りの本領発揮ですね!
by manamana (2012-02-26 06:03) 

sara-papa

先日、早朝のテレビでしまなみ海道(西瀬戸自動車道)をレポートしていました。
「綺麗なところだなぁ」と見ていましたら、今治市方面にちらっと船のドッグが映りました。
西条工場だったのかなぁ。
造船では日本トップの企業でもありますし、今後益々のご発展を期待しております。
そして、ご安全にぃ♪
by sara-papa (2012-02-26 09:57) 

【みなと】

おはようございます。
円安をきっかけに,日本経済が良い方向に舵を切ることを期待したいです。
あわせて,貴社のご発展をお祈り申し上げます。
by 【みなと】 (2012-02-26 10:15) 

tooshiba

御社を取り巻く環境は、国内にとどまらず、世界的にも大変厳しいかと存じます。
そんな中で、ただ籠城あるいは座して死を待つのではなく、自社の技術を最大限に発揮した新商品を開発して心意気には、世界に打って出ようとされる御社の気概と言いますか、底力には、大変感銘を受けた次第であります。
会社(経営陣)だけでなく、従業員の皆様一人一人が実力を発揮されてこそ、弱肉強食の競争社会にあって、生き残ることが出来るのではないだろうか?という風に思います。

幸いにもボート部員の皆様におかれましては、配属部署などはお一人ずつ違っても、大変に優秀な=会社に貢献できる人材が揃っていらっしゃるご様子とお見受けしております。
どうぞこれからも、皆さんお体に気を付けて、多方面にご活躍されることを心よりお祈り申し上げます。m(_ _)m
by tooshiba (2012-02-26 12:16) 

yasu

伝統と技術革新のなせる技ですね。
8万トンの積載の船の喫水が45.6ft!14ノット巡航。
フィンの写真見たかったです。

by yasu (2012-02-26 17:22) 

yakko

お早うございます。
素晴らしいですね〜〜 ますますのご発展をお祈りいたします。
by yakko (2012-02-27 09:35) 

nano

飛行機も進化を続ける中
船も負けてはいられませんね♪
by nano (2012-02-27 15:22) 

Silvermac

造船日本、健在ですね。
by Silvermac (2012-02-27 18:49) 

mimimomo

こんばんは^^
今治造船は頑張っているのですね~頼もしいです。
何時ぞや造船会社が合併すると言うニュースを新聞で見ましたが、
それでもなお、日本の造船業は冬の時代であると言うような、新規受注が
0に近いようなことが書かれていて、とても気になっていました。
何しろこの頃の日本経済は下降線をまっしぐらと言う感じですものね。
こう言うニュースを読むと嬉しくなります《23日付 日経は旅の途中だったので読んでないです(><;
by mimimomo (2012-02-27 19:42) 

くま・てーとく

すごい~~~っ!
何という浅喫水ヾ(≧▽≦)〃
やっぱり、日本の造船技術は素晴らしいッ!!!
by くま・てーとく (2012-02-27 22:01) 

pandan

環境もよく考えられてすごいです〜
by pandan (2012-02-28 05:19) 

ナツパパ

省エネが求められるのは船の世界でも同様なのですね。
いろいろな技術を結集して世界のライバルと渡り合うのですね。
大変でしょうが、やりがいの多いお仕事と存じます。

by ナツパパ (2012-02-28 15:14) 

ちゃーちゃん

こんにちは‼
難しい事は解りませんが、カッコいい船舶ですね・・・
今治造船ボート部頑張れ!!
by ちゃーちゃん (2012-02-29 11:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。